検定・クイズのことなら検定数日本一の「けんてーごっこ」!

ホーム > 

シスプラチン検定

Q:シスプラチンは、DNAの構成塩基であるグアニン、( )のN-7位に結合する。2つの塩素原子部位でDNAと結合するため、DNA鎖内には架橋が形成される。シス体に比べ、トランス体は架橋が形成されにくいため、投与量の制限により臨床的に用いることはできない。 出典:ウィキペディア フリー百科事典 


 

検定を投稿需 無料会員登録
アマゾンでも大手書店でも好評発売中!
『PHPによる機械学習入門』
~あなたもデータサイエンティストに~

 
著者:けんてーごっこ運営の学びing
(斉藤常治/高橋佑幸)
出版社:リックテレコム
価格:3,600円(税抜)
 

関連問題

4
シスプラチンは、DNAの構成塩基であるグアニン、アデニンのN-7位に結合する。2つの塩素原子部位でDNAと結合するため、DNA鎖内には架橋が形成される。シス体に比べ、トランス体は架橋が形成されにくいため、投与量の制限により臨床的に用いることはできない。
この問題が含まれる検定
シスプラチン検定
Q:シスプラチンは白金錯体に分類される抗悪性腫瘍剤。シスプラチンの「シス」は、( )の用語のシスに由来する。錯体の中心金属は白金、配位子はアンミンと塩化物イオンであり、物質名はシス-ジアミンジクロロ白金である。
Q:商品名は、ブリプラチン、ランダなど。白金製剤としては、ほかにカルボプラチン、ネダプラチン、( )がある。
Q:シスプラチンは、1845年に錯体の研究材料として合成された。1965年、B.Rosenbergらは、電場の細菌に対する影響を調べている時に、偶然プラチナ電極の分解産物が( )の増殖を抑制し、フィラメントを形成させるのを発見した。
Q:1972年には( )の指導で臨床試験が開始されたが、強い腎毒性のため、いったんは開発が中断された。しかし、その後シスプラチン投与時に大量の水分負荷と、さらに利尿薬を使用することによって腎障害を軽減することが可能となった。
Q:シスプラチンの合成反応は、トランス効果の典型例である。まず、( )を出発物質とする。最初のNH3基は4つのCl基どれとも無作為に置換される。
Q:シスプラチンは、DNAの構成塩基であるグアニン、( )のN-7位に結合する。2つの塩素原子部位でDNAと結合するため、DNA鎖内には架橋が形成される。シス体に比べ、トランス体は架橋が形成されにくいため、投与量の制限により臨床的に用いることはできない。

上へもどる